営業職への転職に有利な5つの流れ

 どの業種にも欠かすことができない営業職。営業職で転職するには何が必要なのか把握していますか?その前に、どのような流れで転職を進めていくべきなのかを把握しているでしょうか。両方を一気にまとめてみたので、しっかりと頭に入れておきましょう。

 

転職準備のスタートはキャリアの棚卸しから

 

 一番最初にすべきは、転職準備。営業職の転職準備と言えば、キャリアの棚卸しです。性格や転職先に求める条件等を幾ら自己分析しても、キャリアについて整理しなければ転職は難しいと思っておきましょう。計画作成も重要な準備作業。スケジュールや経済的な部分の計画も立てておいてください。

 

 

【参考記事】

 

 

 

 

求人情報を集める時の意識と方法

 

 営業職としてどのようなものを扱うのが得意なのか、自分ではわかっているはず。そうした取り扱い商品やサービスを絞り込みながら求人情報をチェックしていかなければなりません。実績に自信ありなら、スカウト機能の利用もお勧め。求人情報をあらゆる媒体から獲得するよう意識してみましょう。

 

 

【参考記事】

 

 

 

具体的数字や比較対象によって応募書類を作成すること

 

 どのような営業を積み重ねてきたのか、どのような成果を上げてきたのか。営業職はこれを具体的に応募書類に書かなければ、能力や適性が伝わりません。その数字が、さらにどの程度素晴らしいことなのかを知らしめるために、比較対象も時には提示する必要が出てくるでしょう。

 

 

【参考記事】

 

 

 

 

上手な伝え方で自分を紹介することが面接のポイント

 

 営業職は、上手に喋ることも重要なお仕事。面接に向け、ここに重点を置いて対策しておくべき。表情なども含め、練習が必要かもしれません。ただ、嘘を伝えることがないように気を付けましょう。自分の過大評価は逆効果。自分の本質を魅力的に紹介する、ここを意識すべきです。

 

 

【参考記事】

 

 

引き継ぎや挨拶に追われる退職活動

 

 営業職に携わる人が退職する時に大変な作業となるのが引き継ぎです。社内だけではなく、取引先にも後任を紹介し、業務の引き継ぎをしっかりとしなければなりません。また、挨拶回りも退職活動の重要な作業のひとつ。入社準備の前に、この退職活動に精を出すことに集中しましょう。

 

 

【参考記事】