営業で求められる人物像

 日経HR(株)では、「営業はアピールをしていく事で決まり、アピールの仕方で成功するか決まる」とインタビューで話されている方がいます。

 

営業 転職するためには、どういう人材が必要なのでしょうか?

 営業を今までした事があるけれど、営業の商材が異なる仕事がほとんどではないでしょうか。そういう時、営業の仕方や顧客があれば、転職で仕事を成功する事ができるでしょう。ただ、営業経験者を採用しようとしている企業は、医療業界が主にしています。また、新商品に営業の仕方がうまい人は、新たなチームを作って戦略として採用される事もあります。

 

 中堅の方の場合は、仕事に対して中心的に活躍できれば、採用してもらえるケースがほとんどです。ただし、経験があるか具体的な内容が自分に当てはまっているかにより採用されるか採用されないかが決まります。

 

 若手の方の場合は、営業実績があるか業務を無駄なくこなしているかで採用が決まってきます。もちろん、営業成績の数字も大切かもしれませんが、成功した内容や失敗した時にどのような対応をしたか、転職先の企業側は、そういう事を求めてきます。

 

 日経HR(株)でインタビューで話されている方は、「失敗は、失敗で認めなければいけないし、反省もしなければいけません。その後、どのようにするかにより成長するでしょう」という事を言われています。自分のアピールにもつながるのではないでしょうか。

 

営業に転職する事は、難しいのでしょうか?

 営業は、募集はしているけれど、そんなに募集している人数は少ないと言えます。例えば、営業でも人気の部署では、応募者数が多いため、直ぐに応募を締め切る傾向にあります。応募の際、自己PRを他の人よりアピールしていなければ、面接まで行かず書類選考で落とされてしまいます。しっかりと、自分をアピールして履歴書を書くようにしましょう。

 

<関連記事>
32歳転職|成功実績の高い求人サイトランキング
法律事務求人[就職サイト口コミランキング]