途中入社する際の注意点

第一印象を良くするために

 

 途中入社した会社で自分のポジションをつくるためには、社内に良好な人間関係をつくることが大事です。人間は、会って5分で初対面の相手に対する印象が決まり、それを覆すのに時間がかかると言われていますので、初出社日が重要になってきます。

 

 初出社日には、指定された時間より早めに出社し、自分から社員に「おはようございます」と挨拶するようにしましょう。また、入社の挨拶は短めに、自分の名前と前職、今後の抱負を語り、話題作りで趣味や特技、出身地、家族構成に触れる程度にとどめてください。

 

入社後3カ月は謙虚な観察者に徹する

 

 営業職として、即戦力となるための採用であっても、いきなり自分流を通そうとするのは、反感を買いやすくなります。会社が変われば、職域や仕事の進め方、ルールやシステムが異なりますので、まずはそれを理解して、一人でできるようになることが大事です。

 

 仕事で実績をあげるまでは、上司や先輩に相談や進捗報告をマメに行い、実績があがらない分、雑務も含めて、自分ができることを探して引き受けるように心がけましょう。

 

 入社後3カ月は、何かと注目を集めやすいので、謙虚な姿勢を貫きながら社内を観察し、仕事をするうえで連携すべきひとを見極めておくことをおすすめします。

 

 

【関連記事】