入社前にチェックしたいポイント

入社後のミスマッチを避けるために

 

 転職先に入社した後、ミスマッチに気づくひとも少なくないようです。ですが、再び転職活動を行うにあたって、短期間であったり、回数が多くなると、なかなか書類選考に通過しにくくなるという現実があります。

 

 入社後のミスマッチを防ぐためには、自分が仕事をするうえで大事にする価値観を知り、それが入社を考えている企業とマッチするかどうかを、きちんとリサーチするしかありません。
 仕事内容や勤務条件ももちろん大事ですが、職場環境や働き心地という観点でも、企業をチェックする習慣をつけましょう。

 

面接や内定後にきちんと確認する

 

 応募企業に関する情報収集は、いろいろな形でできるはずです。ですが、最終決断の材料にするなら、自分の目で確かめることが大事です。面接時の逆質問で応募企業の価値観や、職場の評価基準などを確かめておくと、内定連絡後の諾否を決定する際に役立ちます。

 

 また、内定連絡があった際、まず労働契約内容を書面で明示してくれるように依頼し、企業訪問したうえで、最終決断をするという方法もあります。働く志向性と企業風土のミスマッチは、解消されることはないので、違和感を感じたら、入社を再検討する方が良いかも知れません。

 

 

【関連記事】