転職成功には円満退職が不可欠

円満退職が転職に大切な理由

 

 営業職は転職市場でのニーズも高く、年齢が若ければ若いほど、応募企業に困ることはないものです。ですが、現職に不満で転職活動を始め、転職先が決まったからといって、自己都合で勝手に退職することは、自分のキャリアを考えたときにはマイナスにしかなりません。

 

 特に、同じ業界の営業職として転職を考えている場合は、飛び出した会社から悪評が流れることで、転職先での仕事に悪影響を及ぼす可能性が高いです。そうした事態を避けるためにも、将来の情報源や協力者としてのつながりを確保する意味でも、円満退職できるように、きちんと段取りをしましょう。

 

 

円満退職するためのポイント

 

 円満退職をするためには、きちんと手順を踏んで、話を進めることが大切です。まず就業規則を確認し、退職届の提出日の1〜2カ月前には、直属の上司に対し、相談という形で退職の意向を伝えます。

 

 その際、退職の理由が勤務先への不平不満であったとしても、それをストレートに伝えるのではなく、あくまでも自己都合であると言い続けることがポイントです。その後、後任人事や業務の引き継ぎを考慮して、会社と話し合ったうえで、退職日を設定するようにしましょう。

 

 

 

【関連記事】