営業の転職と面接後のお礼状

面接後のお礼状は必要なのか

 

 営業職での転職は、仕事での実績よりも、面接時とその後のコミュニケーションの取り方が、自分の仕事の姿勢を伝えることにつながります。その意味でも、面接を終了したらすぐに、面接担当者に対して、お礼状を書くことをおすすめします。

 

 効率第一主義のビジネスマンの場合、メールで済ませようとする傾向が強いのですが、だからこそ、手書きでお礼状をしたためることに意味があるのです。面接後のお礼状は、自分に面接の機会を与えてくれたこと、時間を割いてくれたことに対する、感謝の気持ちを綴るのが基本です。

 

 面接した候補者のスキルやレベルに差がない場合、お礼状を出すという気配りができたか否かは、営業職としての評価のポイントになります。ライバルに差をつけるためにも、お礼状を必ず出すことを習慣にしましょう。

 

何を書くべきなのか

 

 とはいえ、お礼状に謝意をつづるだけでは、営業職としてのアピールが足りません。面接の質疑応答の中で、面接担当者の言葉で印象に残ったこと、面接で再認識した応募企業や仕事内容の魅力など、自分なりの視点で書くのです。

 

 自己アピールばかりだと、相手の心証を害してしまう可能性があるので、あくまでも低姿勢で書き進めるのがポイントです。お礼状は社外向けのビジネス文書のマナーに則って書くこと、謝意に始まり、結びの文章でも感謝の言葉を添えることを、絶対に忘れないでください。

 

 また、お礼状は出す日も大切です。面接当日に投函するのが望ましく、遅くとも翌日に出さなければ意味はありません。お礼状は手書きである必要はないので、パソコンでフォーマットを作成しておき、エピソードを書き換えれば、迅速に投函することができるはずです。

 

 

【関連記事】