履歴書で見られているポイントとは

履歴書と職務経歴書の違いとは

 

 応募書類には、履歴書と職務経歴書の二種類があり、その役割は違います。履歴書は、応募者の基本情報を伝えるもので、職務経歴書は応募者の職務内容の過去・現在・未来を伝えるツールです。

 

 また、履歴書の書き方や内容を通して、社会人基礎力のレベルをはかることもできます。近年は、応募者多数の場合、履歴書だけで一次選考を行う企業も増えているので、手書きでもパソコン作成でも構いませんが、JIS規格の転職者用履歴書に則ることが基本です。

 

履歴書で見られているポイント

 

 転職に際して、企業が見ているポイントがいくつかあります。まず、住所が通勤可能通知かどうか、すべての項目が記入されているかどうか、丁寧に作成されえているかどうかを見ます。

 

 そのうえで、募集職種に関連する学歴や職歴があるかどうか、志望動機に強い思いが感じられるか、希望条件が折り合えるかどうか、採用のメリットを感じられるかどうかをチェックされます。

 

 きちんと企業研究を行ったうえで、自分の強みや経験がマッチするアピールポイントについて、履歴書でしっかり触れておくようにするのがポイントです。また、転職回数が多い場合は、退職の理由の書き方に注意が必要です。

 

 

 

【関連記事】