求人情報媒体の種類と得意分野

求人情報媒体について理解しておこう

 

 求人情報媒体にも種類があり、それぞれで得意とする求人分野が異なります。転職サイトは、求人量の豊富さに比例して、業界や職種、勤務地が幅広いのが特徴です。

 

 転職エージェントは、非公開求人や独占求人が多いためハイクラス転職を目指しやすく、キャリアコンサルタントの個別サポートを受けることもできます。

 

 ハローワークや求人情報誌、新聞の求人欄などは、地元の中小企業の情報を豊富に持つため、転居を伴わない転職を希望するひとにはおすすめです。こうした求人情報媒体の違いを理解したうえで、自分が目指す転職につながる求人が多い媒体を探してみてください。

 

求人情報媒体は併用が基本

 

 納得のいく転職を実現するためには、一社でも多く応募して、内定を得ることで、自分に合った会社を取捨選択できる余地を残しておくことが大事です。そのためにも、求人情報媒体は併用するのが基本ということです。

 

 転職サイトに登録すると、関連会社である転職エージェントと登録情報が共有できるところもあります。効率的に求人を得るためにも、そうしたサービスは積極的に活用し、応募可能な求人情報を、より多く集められるようにしておきましょう。

 

 

【関連記事】