転職は計画的に進める

転職の流れを理解する

 

 転職活動は、事前準備と実際の活動に大別できます。そして、事前準備をいかにきちんと行ったかで、結果に大きな差が生まれます。転職を考えたらまず、自分のキャリアの棚卸しと自己分析を徹底して行い、さらに自分の市場価値のリサーチもしておきます。

 

 営業職は人気が高い職種ですが、企画営業とルート営業では仕事内容や職域、必要なスキルが異なるため、営業力だけで仕事が成立するとは限りません。その点を踏まえたうえで、自分の営業職としてのキャリアビジョンを再構築し、転職の目的を設定するのです。転職計画は、それを踏まえてたてましょう。

 

活動前に計画をたてる

 

 転職計画は、求人を探し始める前にたてます。求人探しから内定を得るまでの期間は、20〜30代は1〜3カ月、40代以上であれば3〜6カ月が目安です。

 

 それに自分の退職スケジュールを考慮して、自分が目指す内定日を設定し、そこから逆算して計画をたてるのです。

 

 転職活動自体は、求人探し、応募企業の選定、企業研究、応募書類の作成と送付、書類選考、面接、採否の連絡というプロセスで進みますので、自分がそれぞれにかける時間を考慮して、スケジュールに落としこみましょう。

 

 

【関連記事】