転職活動は在職中?退職後?

在職中の転職活動

 

 内勤営業でない限り、外出すれば時間を自由に使いやすい営業職の方の多くは、在職中に転職活動を開始するのではないでしょうか。営業職に限らず、在職中に転職活動を行うメリットには、応募書類にブランク欄がない、経済的基盤があるので冷静に求人探しや内定諾否ができることがあげられます。

 

 一方で、勤務先の退職時期と内定先が希望する入社日が折り合わず、内定取り消しになるというリスクを抱えるというデメリットもあります。

 

退職後の転職活動

 

 退職後に転職活動を行うメリットには、キャリアの棚卸しや自己分析、自分の市場価値などを十分に行ったうえで、しっかりとキャリアの再構築ができることです。

 

 また、求人探しや企業研究、履歴書や応募書類の作成だけでなく、自分のキャリアにつながるスキルや資格の習得などにも、十分な時間を割くことができます。

 

 とはいえ、退職日から日が経つにつれて、応募書類のブランク欄が長くなり、書類選考に通過しにくくなったり、失業保険の給付期間を過ぎれば、収入の道も断たれます。

 

 その点を考慮して、短期集中で転職活動を行うと決め、セルフコントロールできるひとにはおすすめです。自分に合っているかどうか、冷静に判断しましょう。

 

【関連記事】